投稿

ポムとジムとナベさんとトモコ

連日の平昌五輪の熱戦に盛り上がる我が家。

前半のスノボーでは平野歩夢が大活躍だった。
夫は”ポム”と呼び、「ポム、すごくよかったよ!今のとこ1位!!」って実況してた。

最後の最後でショーン・ホワイト選手に抜かれちゃったんだけどそれでも銀。
立派なもんだよ。

で、このショーン・ホワイトさんは私と夫共通の米国人の友人ジム(仮)にそっくり。
もれなく我が家ではジムと呼ばれる運びとなった。
写真を並べてみても本当にそっくりでジムにしか見えない。


ノルディック複合の渡部選手はゆうの友達のパパによく似てる。
こちらも「ナベさん(仮)」とうちでは呼ばれてて、「ナベさん銀!」と盛り上がった。
ママ友にもそうLINEしたら、家族でTV見て「パパだ~!」ってことになってるらしい。


そしてフィギュアの女子 宮原知子選手。
彼女に似てる知り合いはいないんだけど、夫がいくら言ってもトモコと呼ぶ。
いやだからサトコだよって言ってるんだけど、「いいの、オレはトモコで」って何なのそれ??


ポムから始まり、ジムにナベさんにトモコ。
連日の感動をありがとう。

子供のスマホ

ゆう10歳。1年前からスマホを使ってる。

きっかけはドコモからワイモバイルに変えた時。
機種変だと1300円ぽっきりで割りといい機種が買える!

最初はガラケーの予定だったんだけど1300円か・・・。
2万以上するスマホが1300円。
こんなお得な誘惑に勝てるはずがない😁

だったらスマホにしちゃえ~!
ってことでゆうもスマホユーザーになった。


といっても野放しでスマホは使わせない。
ゆうが一人でできるのは電話とチャットのハングアウト、カメラのみ。
ハングアウトは私と夫しか登録してないので家族専用。

残りのYoutubeやゲームやGoogleは全部ロック!
暗証番号を入れないと開けないようにした。

スマホは持ってるけど本人はほぼガラケーの使い方しかできない。
これならスマホとガラケー両方のいいとこ取りができる😃


1年使ってみて大正解だったと思う。

例えば位置情報。
ドコモだと月額料金+毎回の検索料金がかかる。
でもスマホなら無料アプリでOK。
しかも電池の残量まで見れる!

チャットのハングアウトもいい。
電車の中にいて通話できなくても送れるから便利。
「今から帰るよ」「わかんないとこある」ってたまに送ってくる。

時々訳のわからない写真は撮ってるけど、それも思い出。
ぜ~んぶGoogleフォトに自動アップロードしてる。
子供の見てる世界が見えて面白いし。

スマホに使われるんじゃなくて、スマホを使いこなす人になってね。



食べログの信頼

担々麺が大好きで、夫も私の影響で担々麺好き。
食べログで見つけた評判のいいお店に二人で行ってみた。


食べログには「衝撃的な美味しさ」とか「くせになる」とか、絶賛する声がいっぱい。
評価も3点台後半と高い。

お昼前に到着したら3人くらい並んでる!
やっぱり美味しいんだね~と期待は高まった。

並んでる時に出てきたお客さんのグループが、

「どうだった?」
「・・うーん。担々麺って甘いじゃない?それが甘くなくて、何て言うか~」

って言うのが聞こえてちょっと引っかかった。
あれ?”美味しい”が真っ先に出てこない??
でも会話が全部聞こえた訳じゃない。

食べログの高評価+並んでる=美味しいに決まってる!


夫と二人ワクワクしながら熱々の担々麺を食べ始めた。


・・・あれ?
味がしない。私、舌がおかしい?
夫の表情を伺うと、夫も微妙な顔して食べてる。

いくら食べても味がおかしい。
山椒とかゴマとか唐辛子とかそれぞれの味はするんだけど。。
甘みがないというかコクがないというか、まとまってないというか。

カウンターだったからお店のお兄さんが様子を見てる。
それは分かったんだけど、どうしても”美味しい”が出ない。

多分、何かを大事な調味料を入れ忘れたんだと思う。
それくらい味がおかしかった。
なるほどー、さっきのお客さんのリアクションはこういう訳かー。

夫はよほど楽しみにしていたのか、「お口直しに担々麺食べたい・・」って。
だよね、あれは担々麺じゃなかったもの。


こういう意見もあるから食べログに正直な気持ちを書いてみた。
中傷とかじゃなくて、ほんと思ったことを正直にそのままに。

が!
いつまでたっても出てこない。。。
翌日会社で同僚に話したら、

「食べログってそうだよ。信じちゃだめ」 

だそう。


食べログ・・・。信じてたのにー(T_T)

薬の副作用

相変わらずインフルエンザが流行ってる。

ゆうの友達は年末にA型にかかったそうで、「薬の副作用で奇行がすごかった」とママ友。
寝てたはずがフラ~っと起き上がって玄関で立ってたそう。

昨日は他のママ友からLINEが入って、「タロウ(仮)がインフルBになっちゃったよー」って。
薬で奇行がすごいって言うから気をつけてって返事した数時間後、ママ友からまたLINEで、

「大変。タロウがいきなり起き上がって、

”野ばらの太陽!!!”

って叫んだ」


そうな。

野ばらの太陽☀
どこから出てきた?!

子どもたちの反乱

ゆうのクラスは4年生になった時に担任が変わった。
今まで高学年を受け持っていた男の先生で、30代くらいだけど
ベテランの風格がある。

ゆうは5月くらいから、「先生の授業つまんない」とか「何か急に厳しくなる」とか
不満を言っていた。でもまあ厳しいと評判だったし、4年生になったらそれくらいの方が
いいのかな、うちのクラスは暴れん坊もいるし・・くらいに思っていた。

それが夏休み前くらいから本格的に嫌がるように。

ゆうの話を聞くと確かに理不尽。
例えば、ゆうはやっていないことを先生はやったと言い、他の生徒たちに
「やったのを見ただろう?・・え、見ていない?本当に?」と言って、
結局ゆうが悪いことになってしまったり。

一度私が話し合いの場を持ったんだけど、自分は事実確認をしただけ、
私は正しいの一点張り。
なるほどな~、学校は非を認めないってこういうことなんだろうなあと痛感した。
敵対してもゆうにマイナスになると思い、先生を持ち上げつつ
「こうしてもらえるともっといいです」と下からお願いしておいた。


それがここに来て風向きが変わってきた。


学校で生徒に学校生活のアンケートをとったそうで、中には先生に関する項目があった。
担任に不満を持っていたのはゆうだけではなく、クラスの他の子どもたちも「先生が怖い」
「悪くないのに怒られる」などなど書いたそう。

アンケートを見た担任は自分に不利なことを書いた子どもたちを呼び、
中には勘違いだから書き直すようにと言われて書き直させられた子も。
一方のゆうは今までのうっぷんがたまっていたこともあり、担任に言われても
「僕は怖いって思ったから」で押し通したそうな。

結果、不満を書いた子どもたちは校長室に呼ばれ、ゆうは
「校長先生にぜ~~~んぶ話した。」とのこと。

授業中に間違えた漢字を書き直そうと消しゴムで消していたら「お前、
オレの言うこと聞いてないだろう!」と頭をつかまれたとか、
イライラした担任が机を蹴飛ばしたとか。


夫が「学校公開の時と全然違うね」と言ったら、「うん、それみんな言ってる」って。
校長先生にはゆうだけでも15分くらい話したそうで、他の子供たちも
同じくらい話していたみたい。

忙しい校長がよくそんなに話を聞いてくれたねって言ったら、

「だって校長先生、ガマンの人だもん!」

だって。
暴走する中堅教員と保護者と子供に挟まれたら忍耐強くもなるか。。。


校長先生がんばってください。



祝10歳!山梨弾丸ツアー

イメージ
毎年恒例のゆうのお誕生日旅行。10歳おめでとう!

もともとは、誕生日会をやるなら家族の思い出を増やしに行こうよってことで始まった。
多分2歳くらいからやってるからもう8年か~。
成人まであと10年、まだまだ思い出を増やしたいな。


今年は土曜に塾のテストがあるので、日曜の朝から日帰りで山梨に行ってきた。
戦国時代が大好きだから武田信玄ゆかりの場所を見ようかと思って。

最初の目的地は新倉山浅間公園
ここの写真を見た夫がどーーーーしても行きたい!と言い続けてきたところ。



いやー、すごい。ほんと絶景。
この絶景が見たくて階段を400段くらい登るんだけど💧、登る価値あり。
ゆうも自分のスマホでたくさん写真を撮ってた。

お昼ごはんは吉田うどんを食べてみようってことで、食べログで見つけたくれちうどんへ。
夫は肉月見うどん、


私は週末限定のカレーうどん、



ゆうは冷やしうどん。



うどんの太さとこしがすごかった。
カレーは普通に美味しくて、夫は「ダシが残念」って言ってた。

そして今回の旅の目的地、武田神社へ!


鳥居から見える太陽がダイヤモンドみたい❤ 



境内には水琴窟というのがあった。
竹筒に耳を当てると、中で水が一滴落ちる音が聞こえる。
これがとても澄んでてきれいな音だった。


そして初めての御朱印!
よく旅先で神社に行くから集めてみようかなと思って。
宮司さんが書くのを凝視するゆうに、「書き初めの参考によく見ておこう」って言ったら、
宮司さんが「筆がどう動くかを見ててごらん」「必ず筆は立てるんだよ」とアドバイスしてくれた。


神社のお隣の宝物殿では本物の風林火山の大きな軍旗があった。
すごい、これって戦の時に信玄の陣にあったのかあ。。。
歴史を知らない私も感動しちゃった。


そして旅の最後にはほったらかし温泉へ!
当然お風呂の中の写真は撮れないんだけど、富士山がよく見える絶景の湯。
銭湯にある富士山の絵も味があるけど、こうして本物を見ながらお風呂に入れるなんて。
ああああああ、幸せ。



で、家に帰って塾の宿題を始めようとしたゆうが「あっ!」と言い出した。
どした?と聞いたら、「神社!お参りしてない!!」って。
うわーホントだ!
宝物殿の軍旗に舞い上がって、神社でパンパンってやってこなかったー!!


今年一番の失敗。
まあいいじゃないか。きっと信玄公は小さいことは気にしない(・・よね?)。

メガネデビュー

イメージ
ゆう、小学4年生。
ついにメガネデビューとなりました。

この日が来ることは分かってたの。
受験勉強してるし、戦国武将にハマって読書量が増えたし。
はー、とうとうきちゃったか。。。


きっかけは先週水曜日、ゆうが「一番後ろの席だと黒板の字がぼやける」と言い出したこと。
それですぐに眼科に連れて行った。

一通り検査が終わり診察室に呼ばれると、先生「うーん・・・。ごめん、お母さん、もう一度検査やり直させて。」と言う。
先生によると子供は検査で緊張することが多く、緊張しすぎて眼の筋肉が強ばり視力が出にくくなることが多いそうな。

先生 「子供の視力を調べる専門スタッフがいるから、その人にもう一度やらせてみて!」とのこと。
じゃ最初からその人がやればよかったんじゃ・・?って言葉を飲み込んで再検査をお願いした。

結果、1回目の検査で両眼0.2だったのが両眼0.7にアップ!
最初の検査って一体なんだったの??

先生からも、黒板や遠くを見る時のためにメガネは作りましょう、でも常時かけないこと、普段は裸眼で大丈夫!と太鼓判をもらった。
これ、最初の検査のままメガネを作ってたら、当然度が強くなってさらに近視が進んでいたような。


処方箋をもらってすぐにメガネ屋さんに行ったんだけど、そこでまたビックリ。

最近のメガネってこんなに安いの?!

5千円で作れて即日受け取れるなんて。

私が子供の頃って確か3万円くらいしたぞ?
しかも出来上がりまで1週間くらいかかったぞ??





視力回復には遠くを見るのがいいそうだから、遠くを見て遊べるゲームないかなあ。